今酔だけの話 #1

◇ 1部 知る  6 : 30 - 7 : 30 pm (オンラインセミナー)

◇ 2部 味わう 7 : 40 - 9 : 00 pm (オンライン交流会)

* 一方のみの参加も可能です。

お申し込みはこちらより↓↓

https://koyoidake.peatix.com/view

【この宴のポイント】

1部では

✔︎ 蔵内に音楽を響かせて醸す小町酒造さんの日本酒造りへの想いを知ることができます。

✔︎ 鮎料理専門店「十六兆」さんから、鮎の美味しさとは何かを知ることができます。

✔︎ 小町酒造さんの蔵内に流れる「自然音楽」を聴くことができます。

2部では

✔︎ 美味しい日本酒と鮎のおつまみを楽しむことができます。

✔︎ 日本の食を愛する人々との交流を楽しむことができます。

【宴の目的】

「美味しいものには造り手の熱い想いがある」

たとえあなたが造り手でなかったとしても、何かへの熱い想いがあるはずです。

あなたの情熱は何ですか?

あなたのこだわりは何ですか?

発信し、共有し、日々を楽しく輝かせること。

『日本酒』の和を通して『人』の和を醸していくことを目的としています。

「小町酒造」は岐阜県各務原市にある1894年創業の「自然音楽」響く酒蔵。

伝承技である完全発酵にこだわり、米の旨みを最大限に引き出し醸される辛口ながらほっとする日本酒を造る。地下を流れる「清流長良川伏流水」を仕込み水に使用した、後味スッキリのキレのある銘酒は、蔵に響きわたる「自然音楽」が秘訣。今回は蔵でしか聴くことができない「自然音楽」の秘密に迫ります。

「十六兆」は、岐阜県大垣市にある鮎料理専門店。有名な日本料理店で料理人として働いていた現在代表であるお父様と、アパレル業に勤めた後、デザイン系インテリアブランドを経営していた小堀陽平さんの二人三脚による商品のブランディング化。その土台にあるのは美味しい鮎の育て方にこだわりがありました。

今回の宴では、小町酒造 社長兼杜氏金武直歩さんと、鮎料理専門店「十六兆」小堀陽平さんをお招きし、生物を相手にし育てること。

そして育てたものを商品化し世に送り出すこと。それぞれのプロフェッショナルな想いをお話いただきます。

小町酒造株式会社オフィシャルサイト

鮎専門店「十六兆」オフィシャルサイト

【こんな方にオススメ】

◎ 日本酒が好きな方

◎ 日本の地域の魅力に興味のある方

◎ 経営者の話を聞きたい方

◎ 発酵や養殖など、生物を扱うことに興味のある方

◎ 好奇心旺盛で楽しいことが大好きな方

◎ ほろ酔い気分で新しい人たちとの交流を楽しみたい方(2部より)

◎ 日本酒と美味しい肴を純粋に楽しみたい方(2部より)

お申し込みはこちらより↓↓

https://koyoidake.peatix.com/view

【ゲスト紹介】

小町酒造株式会社 代表取締役兼杜氏(5代目)

金武 直歩 / Naofumi Kanetake

鮎料理専門店「十六兆」 渉外

小堀 陽平 / Yohei Kobori

金武さんと小堀さんからは、

・日本酒に自然音楽を聴かせようと思いついたきっかけはなにか?

・地方から世界へ発信するための作戦とは?

・日本三大清流のひとつ、長良川の魅力とは?

このようなお話を熱く語っていただきます。

※ 当日は、金武さんは酒蔵より、小堀さんは鮎の養魚場より、参加していただきます。

蔵内や養魚場のライブ映像もお楽しみください。

↓↓↓ ご参加は、2コースから選べます ↓↓↓

① 視聴コース ¥1100(税込み)

まずはゲストのお2人の想いやこだわりを聴いてみたいという方へ。

当日視聴するためのZoomミーティングURLのみお知らせします。

② 乾杯コース ¥4879 (送料&クール便+税込み)

ゲストのお2人が造った商品を実際に味わいたい方へ。

(二十歳未満の方は申し込めません)

申込者には事前に、bien-美宴がセレクトした3種類の日本酒と鮎のおつまみ2種類をお届けします。

↑↑↑

★★★ 視聴コース費 ¥1100がお得 ★★★

★★★ さらに今回は初回記念として、日本酒用チェイサーのお茶「美宴茶」をプレゼント ★★★

《 乾杯コースご注文 》

締切日  7月4日 (日) 23:59

配送予定日 7月12日 (月) ~ 7月15日 (木)

◾︎ セット内容

〇日本酒

・長良川 スパークリングにごり 300ml

・長良川 超辛口+20 300ml

・長良川 吟醸冷酒 300ml

〇おつまみ

・十六兆 鮎塩焼きほぐし

・十六兆 鮎のアヒージョ

長良川清流の上質お水からつくられた辛口のお酒を旬の鮎とともに楽しめる、夏にピッタリなセットとなっています。

bien - 美宴

「和」を世界へ 多種多様な価値観を受け入れ、 伝えることの大切さを感じ、 日本酒を始めとする日本文化の魅力が少しでも多くの方々へ届くよう願いを込めて、 人の和、日本の和を広めていきます。