片桐: 愛知県の一宮市出身なんです。

21歳の時に、自然が美しい下呂に魅了されてきて

もう23年経ちました。

先代の杜氏に教わり、9年前に自分が杜氏を引き継ぎました。

 

美宴: 21歳でよく決断して来られましたね。酒造りに携わったきっかけは何ですか?

 

片桐: 学生の頃、バイオテクノロジーを学んでいたこともあり、生物には興味があったんです。

酒造りの生物は目に見えないですが、同じ生き物相手ですからね。水、豊かな自然に囲まれていて面白いなーって。

 

伝統的産業でもあるし、物造り、形に残るようなものが楽しいですよ。

 

美宴: 酒造りに魅了されて23年。大変だと感じたことはありますか?

 

片桐: うーん、あまりないですが、

 

ブランドの味というものがありますし、

 

その味のゾーンにどう入れていくかということですかね。

 

 

美宴: そのために日々気をつけられていることは何ですか?

 

片桐: 蒸米の状態を安定させることかな。

 

ゴムのような弾力がいいんですよ。

 

美宴: 蒸し立ての熱々の蒸米を手のひらでつぶして確認しますもんね。

私なんかは火傷しそうでしたけど(笑)

楽しい部分は何ですか?

 

片桐: 酒造りの工程は同じなんですが、微生物相手のため目に見えないですよね。

ちょっとしたことで、最終的な出来上がりって変わってきます。

そこを、今までの経験値や勘を働かせて、

 

いい酒が出来上がると達成感につながって楽しいですよ

 

美宴: なるほど。人間側がどれだけ同じ工程を繰り返していても、相手が生き物ですから、

自然環境に合わせていく柔軟性が求められるわけですね。

天領さんのお酒の特徴を簡単にまとめて頂くと?

 

片桐: 「ひだほまれ」という地元米を使っています。

このお米を使うことによって、味にふくらみが出て、香りも豊かで、キレの良いお酒になっています。

 

飛騨の食によく合いますよー!

 

美宴: 飛騨の食と日本酒、そして下呂には温泉が!

 

癒しのひとときとなりますね。

ありがとうございました。

酒蔵インタビュー

第五回 天領酒造株式会社(岐阜県下呂市)

Interviewee:杜氏 片桐 一成(以下 片桐

Interviewer:美宴 吉田 綾子(以下 美宴

杜氏 片桐 一成 氏

2013 bien-美宴

©