酒蔵インタビュー

第十四回 東春酒造株式会社 (愛知県名古屋市)

6代目社長 佐藤幸彦 氏

「自分が美味いと思う酒が旨い酒」

創業1865年。

名古屋市守山区の井戸水を使い、自家精米した米を、

昔ながらの山廃造りで手造り醸造している。

​ホームページはこちら

Interviewee: 社長 佐藤 幸彦(以下 佐藤

Interviewer: 美宴 吉田 綾子(以下 美宴


 

美宴:6代目さんとのことですが代替わりされて何年目ですか?

 

佐藤: 2002年でしたので17年目になりました。

 

美宴:蔵に入られた時期はいつですか?

 

佐藤:27歳の頃から入っています。

 

   他の業種を知らないので、

 

   酒業界の常識が世間の非常識ということも感じたりします。

 

   一度、他の世界からの酒業界を見てみると、

 

   きっと新しい発想もできたりするでしょうね。

 

美宴:いえ、決して新しく変えることが全てでもなく、

 

   東春さんは昔からの誠実な酒造りで、

 

               正統派なイメージですよ。

 

佐藤:あまり流行りにはのっていないですね。

 

   吟醸ブームですが、うちは50年ほど前から、

 

   昔ながらの製法を復活させ、

 

    ずっと山廃生酛を続けています。

 

美宴:山廃にこだわられる理由は?

 

佐藤米の味わいを残したい。それを考えた時にやはり山廃だと。

 

美宴:目指したい味は?

 

佐藤旨味があって、コクがあり、キレがあるお酒ですね。

 

美宴:そのような味わいは愛知の食材にも合いますよね。

 

佐藤:そうですよね。

 

   この地域はやはり発酵の地なので、味の相性は良いですよね。

 

美宴:海外への輸出は考えれられていますか?

 

佐藤:はい。現在は、ンコク、シンガポール、香港に販路があります。

 

   他にもご縁がありましたら是非。

 

美宴:蔵元さんとして消費者の方々に伝えていきたいことは?

 

佐藤:そんな偉そうなことは何もないですが、

 

   色々飲んでみて、自分が気に入ったお酒だったら良いということ。

 

   日本人ほど味覚の発達している人種はいないので、

 

   周りの意見に振り回されず、自分の舌をもっと信じてもらいたいですね。

 

   自分の口に合えばそれで良くて、楽しく飲むのが一番だと思います。

 

美宴:おっしゃる通りですね。

 

   私も楽しい空間で飲むのが一番だと思います。

 

   今後のビジョンは?

 

佐藤:個性を出していくことです。

 

   杜氏や若い人たちと相談しながら、

 

              ラベルを変えたり、

 

   みんなのセンスを活かしていきたいです。

2013 bien-美宴

©